夏色ライカ



プロフィール


銀ノ助

Author:銀ノ助
ケモノとBLと。
最近は不定期更新。



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事




最新コメント




カテゴリ


未分類 (23)
雑記 (104)
絵 (41)
設定 (12)
ポケモン (1)
同人 (23)


拍手


web拍手 by FC2


リンク




QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.11.27  始まりは偶然じゃない <<14:10


拍手絵変えたのでよければポチッてみてください。
前からちゃんと4組で描こうと思ってたのでようやくできました。

ノンケ撲滅


そういえば!
鋼の最終巻が出ましたね!
ようやくネタバレ解禁なので、ちょっとだけしゃべらせてください!www

と思ったけどすでに本誌を何十回も読んでるので今更何を言えばいいのかって感じ。
27巻の話で言えば、おまけのホーエンとトリシャの話でぶわっ!
鋼に出てくる家族はみんな仲がよくていいなーと思います。
確か荒川先生本人も仲が悪い家族は自分には描けないって仰ってましたがw
外伝も良かったですねー。すごく鋼らしい前向きな話。
あ、あと背表紙!そうきたか!と言わざるを得ない!

まあ一番語りたいのは107話なんですけどね!
兄弟好きにとって欠かせない部分だと思うんだ。
「勝てよ、兄さん」の前後のやりとりがもうたまらなく好きです。
アルが自分の魂を使って兄さんの右腕を元に戻そうとする。
でも、兄さんはアルがやろうとしてることを即座に理解して、それが自分のためであるにもかかわらずやめろと言う。
アルはアルで兄さんが絶対に迎えに来るって確信してる。
もうこの二人は兄弟とかいうレベルを超えた関係だと本当に思う。

鋼は見事に成長の物語だなーと思う。
1話目の人体練成から始まって、最終話でもまた人体練成をする。
でも1話目のときはアルを取り戻すために右腕を犠牲にしたのに対して、最後は何も犠牲にしないで(一応してないわけではないけど)ちゃんと二人で帰ってきた。
なるべくしてなったという展開だけど、予想通りでつまらないということはなくて、旅の過程があってこその最終回にちゃんとなってる。
兄弟が成長しなきゃこう綺麗には終われなかったと思う。
比較的初めの頃はもっとえぐい終わり方をするのかと思ってたときもあったけど、中盤くらいから成長していく兄弟を見ていたら、そんなことには絶対ならないだろうなと思えてきた。
本当にいい最終回だったなーと思う。
終わっても二人が進むのをやめない辺りが前向きで、そこが鋼らしいとも思う。



この辺でやめておこうかな!
読んでない人にはぜひ読んでほしいと思う。

あ、あと最終巻と同時発売の、FAの原画集も買いましたー。
アニメの原画って普段見ることはまずないし、動きのある絵を連続したカットで見れるのはすごく勉強になるなーと思いました。
正直ただバーっと原画が載ってるだけかと思ってたけど、監督自ら監修してるということもあってか、コメントも丁寧で本としてよくできてて大満足。
そういえば入江監督はアニメーターの出だったんですねー。その辺の作画に対するこだわりみたいなのも見れてすごく嬉しかったです。またアニメが見たい。
実家にはDVDあるのだけど、まだ見れてないから早くもっかい見たいな!




長々と鋼の話ばっかり!
追記で拍手返信!

←and more
No.73 / 雑記 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 空はもがいているのだろう / Home / ずるがしこくても笑ってね →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。