夏色ライカ



プロフィール


銀ノ助

Author:銀ノ助
ケモノとBLと。
最近は不定期更新。



カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事




最新コメント




カテゴリ


未分類 (23)
雑記 (104)
絵 (41)
設定 (12)
ポケモン (1)
同人 (23)


拍手


web拍手 by FC2


リンク




QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.06.27  青い空 <<03:59


忠誠

正直背景がくそすぎるwwww
もう途中まで背景なしでいくつもりでした。でもやっぱあったほうがいいよなーって思ったから描いたけど!けど!

キャラはユウとケイだけど、なんか演劇的なイメージで。
ユウはこんな上から目線とかないです、多分。腹黒いのは他にいるのでこの子は白いんです、多分。多分ね。

でもこういう上下関係がはっきりしてるのが好きです。
上下関係って逆転するからいいんですよね(








全然関係ない話ですが、ついこの間実家で飼っていたわんこがお亡くなりになりました。
報せを聞いてすぐに新幹線乗って帰りました。
いっぱいいっぱい泣きました。
自分でもびっくりするくらい悲しくて、悲しくて。死がこんなに悲しいものなのかと。
身内の葬式とかってほとんど経験がなかったのでなおさらなのかもしれませんが。

何よりも、命について考え直す機会になりました。
多分大切な人がいなくなったら同じように悲しいんだと思う。そして自分が死んだ時だって誰かが同じように悲しむんだと思う。
だからちゃんと生きなきゃいけないと思いました。
本当は誰も、何も、みんな死ななければいいのに。
死にたくないとかそんな傲慢な考えじゃなくて、ただ、悲しむ人がいるから。
命は粗末にしちゃいけないんだ。誰の命も。自分の命も。
たった一つの存在でも、あるかないかで世界は変わる。でも、何も変わらないかのように廻り続ける。
そんな薄情な世界だけれど。

翌日は快晴でした。
死んだあとに行く場所が、あの澄んだ青空のように綺麗な場所であればいいと思います。

No.16 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 安い幸せ / Home / 蹴り出す一歩 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。